2019年 全統マーク模試第1回 英語偏差値62.5 鈴鹿高校出身 N君

2019年 全統マーク模試第1回 英語偏差値62.5 鈴鹿高校出身 N君

浪人生活もリズムがかなり出来てきたね。現役の時の同じく全統マーク模試は、英語の偏差値が40.8だったので21.7のアップ。数学も偏差値が10近く上昇。

理系総合で58.3も取らなければいけないところはちゃんとった。

志望校は二次試験の配点が高いので、センター模試はあくまで弱点を確認という当初の目的通り推移しているね。

英語に関しては、徹底的に基礎固めをして、文法、語法、イディオムといったところは死角がなくなった。今後は時間制限があるなかで、どこを捨てるかということ訓練すること。

演習量を確保すれば、数学や理科はもっと取れるのはわかっている。やったことの成果も出たし、改善するべき問題点も見えて収穫が多かったね。もしの目標は改善点を見出すことだかrね。

m気候が安定しなくて体力的にはきついから、体調管理には気をつけよう。やったことが少しでも形になると嬉しいね。

模試は失敗したほうがいい。一喜一憂することの無意味。
模試は失敗したほうがいい。一喜一憂することの無意味。 こういうことを言うと、また物議を醸しますかね… ですが、この時期模試でうまいこと結果が出なくて、不安で勉強に手が付かない受験生がいるので、模試はいい点数をとるより、失敗したほうが...

 

コメント