2019センター試験 いつもどおりにできますように

2019センター試験 いつもどおりにできますように

一年間これまでやってきた生徒が試験本番でどれだけ力を発揮できるのか。

毎年のことだが、結果が欲しい。

計画し、修正し、弱さを直視するということは誰にとっても大変なことだ。

頭を使いやってきたことが無駄ではなかったと感じられるように。

自信になるように。

この仕事を長くやると、絶対ということはないということだけは絶対にないと言うことだけがわかる。

なぜ演習が重要なのか。捨てる判断をしなければ行けないかといい続けているか。

試験会場で頼りになるのは自分しかいないからだ。

合格最低点に少しでも近づくために冷静に処理できるか。

まず一回目の関門。ここから先は息をつく暇もない。

捨てることは武器だ。

終わってから切り替えられるかも重要。

センターで崩れた場合、国公立受験生は、私大対策をこの短期間に行わければならない。

一科目失敗しても、最後まで気持ちを切らすな。一年間やってきたことを自分で無駄にしないように。

いつもどおりにできますように。

 

コメント