なぜ英検を重視するか

なぜ英検を重視するか

ノザキ塾は、英検を重視しています。英検の準会場になっていますからご存知だとは思いますが、なぜ英検を重視しているのかということに付いて説明しておきます。

中学生にとくに積極的に受験を勧めているのですが、もちろんそこには理由があります。

新制度に対応するため

新テストの衝撃。地方の没落は加速する。 いままで以上に基礎が重要になる。
新テストの衝撃。地方の没落は加速する。 いままで以上に基礎が重要になる。 追記:2018/10/24 旧サイトで書いた記事です。なぜ、いまノザキ塾で英検に力を入れているか。 それは、大学受験の精度が大きく変わり、今の高校1年生...
新テストの衝撃。外部テストについて考える。英語がとにかく問題です。
今回は、外部テストについて考えます。 新テストについては、前回の記事をご覧ください。 外部テストが導入される事になった経緯に関しては省きます。このサイトは大学受験で合格するための学習計画を立てるためのサイトですからね。 ...

新制度で受験が大きく変化してしまいました。

外部テストが必要になることで、実質高校3年になった時点で、受験が開始するのと同じことになってしまいました。4技能の重視と簡単にいいますが、なかなか難しい。

外部テストを積極的に取り入れている高校もありますが、その多くは、私立の6年制なんですね。ノザキ塾がある鈴鹿市では、やはり公立高校の出足は遅い。

私立高校に進学する生徒ばかりではないですしね。

そして、これは都会の人からしたら信じられないと思うんですが、鈴鹿では新制度を知らない人は多い。

東京の6年制だと中学に上がるまでに英検2級くらい持っているのは普通だし、情報が早い。でも、鈴鹿はそうでない。

高校に入ってからの学習の負担を減らすため

そして、高校3年生までに英語は完成していなければいけないことを考えると、中学の間に先取り学習しておく必要があります。

記述式になった新テストの数学や国語の難易度が一気にあがりました。

記述式の対策は、一朝一夕に身につくものではないです。時間が掛かる。だからスタートを早くしたい。

英語が進んでいれば、他の科目の学習にも時間を回せますね。

入試にも有利

高校の推薦入試でも有利になる場合が多い。

 

英検が一般入試で使える大学は多いです。資格取得している場合英語は満点扱いになるところがありますね。TOEICなどなら一定点以上なら満点扱いというところもあります。

早稲田や青学は導入しましたね。

ずいぶん昔と制度が変わっていて、驚かれる保護者の方が多いです。

大学の単位として認められるところもある。もちろんTOEICもありますが、ビジネス英語であるTOEICに挑戦するより、導入として英検をやるのはいい。

ビジネス英語はもちろん知っていて困りませんが、英語そのものを勉強するのとは別の知識も必要になるわけですから、中高生には負担が大きい。

高校に入るまでに準2級を取ろうとか、明確な目標が出来ます。

2018年 12月 鈴鹿市立創徳中学校 O.K 君 英語
2018年 12月 鈴鹿市立創徳中学校 O.K 君 英語 中学1年の中間テストの英語は71点、101/232からのスタートでしたが、中学2年の中間テストでは96点、9/231番まで向上。 2018年の10月実施の第2...

特に、公立中学校の生徒は高校入試までなかなか目標を持つことが難しい。目標なくして計画をたてることは出来ない。高校合格という目標を立てても、そこまでの期間が長いとなかなかモチベーションを保つのも難しいです。

ですが、英検は適度な頻度で開催されていますね。

まとめ

英検は地方でも受験しやすく、目標を立てるのにも役に立つ。高校受験、大学受験にも使える。

特に大学入試を踏まえた場合、中学生の間から学習することは非常にメリットがあります。

 

コメント