ELSA SPEAKで発音矯正を行おう

ELSA SPEAKで発音矯正を行おう

2018入学の新高校生から、外部テスト、新テスト併用と大きく受験が変わります。

私は三重県鈴鹿市という地方で教えています。

4技能で、特にリスニング、スピーキングは地方の受験生は非常に習得するのが難しいと思っています。

私が指導してきた鈴鹿、四日市などの生徒で正確に発音記号が読め、かつ発音できた生徒は見たことがありません。

地方では、英語に触れる時間が都会からは考えるほど少ないから当然なのです。

英会話学校にいくことも一つの方法ではあると思いますが、私はまず発音を正確に出来ることが重要だと考えます。

英会話そのものを訓練することの有効性はみなさん、わかりますね。喋れる、聞けると。

ただ、実際には喋れるつもりということの方が圧倒的に多いのですね。ネイティブに聞き返される場面を経験したことがあるひとは多いと思います。

会話も大事だけれど、そのセンテンスを伝えるために発音は重要だと言うことですね。

超低速メソッド英語発音トレーニング
超低速メソッド英語発音トレーニング 外部テスト、新テストの導入が決まって、受験英語は大きく変わろうとしています。 4技能の中で今までの学習と大きく異なるのは話す能力だと思います。 リスニングに関しては、高校でもコミニケーション...

前も説明した、超低速メソッドは英語発音をゆっくりやって違いを聞き分け、発音できるようにするという点においては非常に優秀な教材でした。

ただ、これでは発音のチェックをしてもらうのは難しいですね。

そのため、今回ELSA speakというアプリを紹介します。

ELSA Speak - Accent Reduction

無料
(2018.03.28時点)
posted with ポチレバ

ELSA SPEAKは、発音矯正のためのアプリです。正確な発音は身につけるのは非常に難しいです。私も非常に苦労しましたし、時間も掛けました。

ELSA SPEAKは初めの7日間は無料で使えるので、自分で使えるかどうか判断してから使用してくださいね。

発音矯正トレーナーにつくことは、地方では不可能ではないにしても困難ですから。コストの面でも圧倒的に安いですからね。

まず、超低速メソッドで基本的な発音の仕方を学んでから、長期休暇などで集中的に練習するのも良い方法だと思います。

簡単に紹介します。

立ち上げると、通知を送っていいかという画面が出てきます。基本的には許可のallowを押してください。あとでsettingsで変更できます。こういう英語にもなれると良いんだよ。

いま、どんどん、英語のマニュアルしかないソフトやサービスがふえているからね。英語での情報量は圧倒的だから。

で、順番が説明してくれてあるね。

ELSAがしゃべる音声を聞いて

ELSAの後に繰り返す。

それぞれの単語でフィードバックを得る。

7日間はどのレッスンでもできる。だから、ある程度発音練習してから使ってみるのも悪くないはずです。

いいアプリですけど、君たちが使うのが大変だったら意味がないからさ。

それぞれの項目の初めの2つは無料なので、いろいろやってもいいね。

母国語の設定。ELSAのいいところは、母国語をを選ぶことで、間違いやすい癖などを指摘してくれます。

レッスン選択場面。今回は語末の音を練習してみましょう。これ、日本人には結構難しい。聞き返えされる原因になることが多いところですね。

まず、スピーカーマークを押すと、見本が再生される。

そのあとに、マイクを押して発音してみよう。終わったらもう一度マイクボタンを押す。今回はこのstの発音がちゃんとできるか判断してくれる。

うまくいくとこうなる。

じゃあダメな場合はどうなるか。

そうすると、解説が出てくるね。ここでスピーカーマークを押すと解説してくれる。

二つの終わりの音に気を付けてね。sとt

まず、in-trissを最初にいう。それから、次にin-tristを発音する。

こういう風に、正確に発音するまで、どのように練習してくれたらいいか教えてくれます。

 

正確な発音を身につけるのは、できれば早いうちにやったほうがいい。なんども聞き返されるのは会話の時には本当にストレスだからね。地域格差はアプリをうまく使うことである程度はカバーできる。ただ、その格差を埋めるためには英語ができたほうがいいんだよね。簡単ではないけれど、なんとか生き延びようね。

コメント