2020年 10月 受験生クラスの総評 

2020年 10月 受験生クラスの総評

先月の振り返りはこちら

2020年 9月 受験生クラスの総評 
2020年  9月  受験生クラスの総評 8月の振り返りはこちら。 コロナウイルスが及ぼした影響は大きい。もう、今まで通りの学習リズムには戻らないと考えたほうがいいだろう。 遅れを取り戻そうと課題が増加したり、進度が早...

夏休み明けの模試の返却が始まり、改めて地方の厳しい現状が明らかとなった。

けど、諦める必要はない。私達は弱者だけれど、やれることは多くある。口を酸っぱくして言ってきた記録の重要が明らかになったと言える。計画を立てるにも記録が必要。計画を維持するにも記録が必要。

計画が機能した生徒とそうでない生徒で違いもはっきり出始めた。

では、振り返ろう。

M君 11,314分 3月21日の入塾から2020/11/05時点で85,350分。

10月はコンスタントに3教科を回せた月だった。模試も後半にあり、課題は見えてきた。 【英語】今月で速読英単語が終わった。パラグラフリーディングも導入して、論理マーカーや長文問題における解法を1度頭に入れてから、速読英単語で論理マーカーにチェックを入れていった。論理マーカーに注意しながら読むことで、読み方が格段に変わったことを実感できた。 速読英単語も8月の中旬からやってきて2ヶ月ちょっと掛かって終わった。 第3回の模試では、その成果か今まであまり得点できていなかった長文問題で得点を稼ぐことができた。 ただ、文法はヌケがあると感じた。入試まであと3ヶ月。文法のメンテナンスは入試まで続けていくべきだと思った。過去問演習を通じて見えてきた弱点をネクステージで潰していく、そしてオンラインテストもランダムで解いていくようにしたい。 10月から、英単語もDateBase4500でメンテナンスを始めた。模試を受けて感じたのは語彙力の足りなさ。単語も文法同様、入試まで続けていく。

これで英語で残っているのは長文解釈のみ。

本当に英語はゼロどころかマイナスのスタートだったからね。

2020 全統記述模試 第2回 政経偏差値 60.9 鈴鹿高校出身 M君
2020 全統記述模試 第2回 政経偏差値 60.9 鈴鹿高校出身 M君 政経は偏差値54.4から60.9に7.5ポイントアップ。総合では50.1から52.8へアップ。 英語は偏差値38.9から45.5から6.6ポイントアッ...

現役時の3科目の偏差値は42.8。9月の模試まで52.8と偏差値10伸ばした。9月いっぱいまでと考えると72,145分、偏差値10上げるのにかかったことになる。

実際、英語は現役のときは40.8、国語は38.3、政経はやってすらなかった。3科目ともほぼ偏差値40を切っていたレベルと考えていい。日本史の偏差値は49.8あったけど、政経と関わる分野はあるけどすくないからね。

これがどれくらい難しいか。

高校生の成績アップの例 同志社大学に合格したN.K君の例 (三重県立神戸高校出身)
高校生の成績アップの例 同志社大学に合格したN.K君の例 (三重県立神戸高校出身) 第1回全統記述模試の総合偏差値47.1から第2回の総合偏差値71.9に偏差値24.8のアップです。 偏差値50を切っている状態ということは真...

第1回全統記述模試の総合偏差値47.1から第2回の総合偏差値71.9に偏差値24.8にアップしている。

Mくんとの違いはなにか。

大きな違い3科目とも偏差値40がなかったM君とは違って、英語、国語が45前後あったこと。

偏差値50から60まで持っていくのと、45から55に持っていくのと、40から50に持っていくのと労力は全く異なる。いろいろ学力帯によって使うテキスト、やる時間も違う。

全部生徒の学習時間記録してるからいろいろわかることがある。

この時点でこれくらいの勉強時間、オンラインテストの正答率、模試の成績、演習の結果みたら、合否はかなり分かるね。

記録、連絡をこまめにやるひととやらない人での差は、君たちが思う以上あるよ。ちょっとしたホラーだよ。笑

M君はしっかり出来た。

偏差値40を切っているレベルで、偏差値50以上の大学に合格しようとする現役生ならもう学校の授業は全部切れというね。

学校を休んでもギリギリ間に合うかどうか。単純に時間が足りないんだよ。

偏差値50以上のところに一般受験で合格しようとするなら、むちゃくちゃ計画的にやらなきゃいけない。

ちゃんと記録、計画してくれた人はなんとかできるけどね。去年の鈴鹿の探求Sの生徒はそうだね。

中京大学に合格したM.J君 鈴鹿高校探求の合格体験記
中京大学に合格したM.J君 鈴鹿高校探求の合格体験記 M.J君は5月から入塾と書いていますが、6月からの入塾でした。 部活もあり、進度表はつけてもらっていたものの、指導開始は遅かった。 とにかく粘り強い...
立命館大学、奈良県立大学に合格したF.Hさん 鈴鹿高校探求の合格体験記
立命館大学、奈良県立大学に合格したF.Hさん 鈴鹿高校探求の合格体験記 ギリギリの勝負でした。 鈴鹿高校の探求は受験向きのカリキュラムではない。とにかく時間が足りなかったです。 本格的に指導を始めたのが...
武庫川女子大学に合格したM.Kさん 鈴鹿高校探求の合格体験記
武庫川女子大学に合格したM.Kさん 鈴鹿高校探求の合格体験記 入塾が遅く、本当に体力的にギリギリだったけれど、よく踏ん張ってくれました。 記録をキッチリしたこと。自分の弱いところを見つめて弱点を潰していったことで、第...

多くの人は現役なら間に合わない可能性が高い。

偏差値45のスタートなら学校の授業はほぼ内職しないと偏差値10を一年間上げるのは難しいね。

今までかかっている時間を見ると。

受験勉強を早く始めれば始めるほど有利というのはこういうところにもあるわけだね。だから受験生はもっと早くから来て欲しい。1ヶ月違うだけでぜんぜん違うからね。

マイナスからスタートだったM君が、偏差値10上げたのはものすごいことなんです。

マイナスからスタートのM君がここまで持ってきたのは自己管理能力の高さだよ。あと、精神力だね。なんとか自分を変えようと思うことは凄いことだよ。ここまでずっと勉強時間トップだからね。

自信持っていいいよ。私も誇りに思ってるよ。

さて、時間はかかったけれど、英語も構文把握のためのストックも作れたね。

速読英単語 必修編
速読英単語 必修編 久しぶりにテキストの紹介をします。 英語のテキストのなかで、受験生が一番長い時間使うことになるものは英単語集と言って良いでしょう。 それだけに、自分の目的にあったテキストをしっかり選びたいですね。 今...
速読英単語 必修編
速読英単語 必修編 久しぶりにテキストの紹介をします。 英語のテキストのなかで、受験生が一番長い時間使うことになるものは英単語集と言って良いでしょう。 それだけに、自分の目的にあったテキストをしっかり選びたいですね。 今...

文法に関しては、メンテナンスは必要だね。受験するところは文法、英作文の配点は高いので、『やっておきたい英語長文300』が終わってからはいつも回すようにしよう。今のペースなら12月初頭には『やっておきたい英語長文300』が終わるから、そこから強化が現実的かな。

テキストを使うより、オンラインテストでランダムでやったほうがいいね。過去問演習の場合で、弱点が見つかった場合は、テキストで復習か、オンラインテストの章別でやってもいい。

現役のときに、自分で覚えるのに使ったものだし、今までやってきた速読英単語を違った形で整理するには役に立つね。

語彙の強化は必須なのでしっかりやろう。これ、チャンク化してあるし、文法や語法項目ごとにわけてあって、比較的文法よりでいい。

まあ、でも長文問題のところは復習のときにカットしていいからね。それは『やっておきたい英語長文300』や『速読英単語』で強化するところだから。

【政経】政経に関しては、正確に覚えることが課題として見えてきた。メモリーバンクも引き続き、書きながら正確に暗記したい。 ハンドブックも引き続き読み進めながら、演習として全国大学入試問題正解の残っている所を11月から潰していく。

政経に関しては3月の全くやってない状態から、9月で偏差値60のラインは超えたわけだ。

そして、ほぼ「みたことがある」状態になった。

「覚えている」「出来る」も増えてきた。京都産業大学では合格ラインは超えている。受験的に最重要科目は政経であることを忘れないようにね。笑

英語は好きだろうけれど、得意なのは政経で、配点も高いのは政経だから。ここからは総合点を上げていく勝負になるからね。1秒でも早く合格最低点に到達するために、どれが一番得点を上げられるか考えよう。

『やっておきたい英語長文300』が終わったら、テキストとして英語でやるものもないから、政経の比率を増やすことになるね。

created by Rinker
旺文社
¥6,325(2021/01/17 21:10:05時点 Amazon調べ-詳細)

時事問題対策のテキストはあるけれど、ここ何年かでよく出てきたものを得点するには結局いろいろ過去問演習出来るかにかかっているから、コツコツ潰していこうね。

【国語】国語に関しては、過去問演習が立命館から始まった。漢字に関しては確実に落とさず取れるように銀の漢字をまずは完成させたい。設問の落とし方や文章の読み方を改めて確認できた。引き続き、過去問演習を続けながら、漢字・古文単語・古文常識も続けてやっていきたい。 入試まで残り3ヶ月。模試も全て終わり、あとは志望校の過去問でいかに点数を取っていけるかどうか。課題を1つずつ潰しながら11月も引き続き勉強を続ける。

立命館に関しては、国語は知識問題をクリアできれば、国語はボーダーラインに届くくらいになる。

演習をこの時期から開始できるので、設問分析や捨てるテクニックは磨けるからね。

古文に関しては、立命館は和歌の知識が問われることがあるから、古文100で厚みをつけ終わったら、和歌を強化することになるだろうね。和歌は出題されると得点差がつくからね。

created by Rinker
¥949(2021/01/17 16:21:02時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥660(2021/01/18 13:24:46時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥660(2021/01/17 16:21:13時点 Amazon調べ-詳細)

銀の漢字は意味が1ページで確認できるのはやっぱり便利だね。テキストによっては別冊子に解答あったりすると手間がかかる。1秒でも惜しいのにそんな無駄は避けたいからね。笑

語彙の強化は、私大や共通テストの内容把握問題を解くのにも役に立つ。どんなに読解法を覚えても定義があやふやなら得点できないわけだから。

国語もこれで過去問演習に入り、英語も京都産業大学の演習は出来た。英語の伸びしろを作るために今月は『やっておきたい英語長文300』はやるけれど、総合点の意識を忘れないように。

もうこれだけ記録をつけてきてわかっただろうけれど、30分の睡眠時間の変化ですら大きく体力的な負担は変わる。きっちり記録してきたから、計画通りに推移している。

英語も2ヶ月演習期間を設けられる。設問分析、時間配分など過去問でしか学べないものに時間を使えることは大きい。模試より何より重要なのは過去問演習。あと3ヶ月でこのしんどい受験勉強も終わり。

やれることをいつもどおりにやろう。結果出して高校を見返してやれ。笑

追記:2020/11/10

Y君。6670分

10月は先月よりも休むことを意識しました。 ただ、本格的に学校が始まり、課題と受験勉強と家事の両立にかなり苦しんだ月だったが、地元に帰省したり、カラオケや散歩に行くなど、なんとか息抜きやメンタル維持を特に考えて行動した。結果体調は多少崩すこともあったが、なんとか持ちこたえることができた。来月は長期間帰省できるため家事の心配はないが、課題や中間テストやレポートなどの学校の負担が大きくなるので勉強時間は今月と変わらないかもしれないが、少しでもとれるようにさぼれるところはサボりつつ進める。 。

10月は大学の負担が激増したね。その中で6,670分の勉強時間を確保したことは凄いことだよ。

結果は出てきている。

2020 全統記述模試 第2回 政経偏差値 76.0 総合偏差値62.9 新潟市立万代高校出身 Y君
2020 全統記述模試 第2回 政経偏差値 76.0 総合偏差値62.9 新潟市立万代高校出身 Y君 政経偏差値 76.0 国語偏差値54.5 英語 偏差値58.2 政経を一番重視する受験でY君は訓練してきた。去年は他の予備...

仮面浪人で難しいのは、モチベーションの維持。モチベーションの維持のためには睡眠時間は確保しないといけない。

課題もやらなければいけない。受験勉強もする必要がある。慣れない家事をしなければならないと、やることの多さに押しつぶされそうになるだろうけれど、優先順位を間違えなかった。

体調を崩さず、これだけの勉強時間を確保できてるのは素晴らしいよ。去年は体調を崩したことから精神的にも崩れた。慌てる必要はないから、着実にね。

英語は語彙不足が大きな原因。あとはぎりぎりまで単語を詰め、文法で落とさないことを目標に来月も語彙強化にあたる。 国語は演習中心で、現代文は先生のテクニックと単語を調べつつ、古典は公式やテクニックを演習を軸に取り組んでいく。 政経は一問一答と畠山を授業の範囲を毎回復習し、厚みを付ける。 やることは決まっているので、あとはやり抜くためにどうすればいいかを今後も模索する。

 

英語を安定させるにはほぼ、語彙だね。文法、語法などは前半に強化したので語彙よりは優先順位は低いね。英語そのものの形式は去年から過去問演習も十分できているので、設問分析や時間配分のテクニックを磨く必要はない。

受験までにどこまで精度を上げられるかという段階に入ったね。

国語はなんといっても演習して、知識のメンテナンスだね。古文公式は改めて詰め直したほうがいいと言うのが演習を通じて見えてきたね。

created by Rinker
¥2,000(2021/01/17 16:21:03時点 Amazon調べ-詳細)

立命館の場合は、現代文がYくんにとっては得意なタイプではないから古文でできるだけ稼いで逃げ切りたい。

とはいえ、演習していると現代文の読み方は戻ってくるね。テクニカルなのは大好きだもんな。笑

ちょっとずつメンテナンスしていきたいね。

政経はもう精度を上げる時期に入っている。「覚えている」のがかなり多くなって、あとは「できる」状態に詰めていくこと。全範囲のメンテナンスを考えると12月後半から1月は過去問演習を組み込んでいきたいね。

50年分くらいは過去問を解いてはあるんで、復習するほうが効率がいいかな。新しい問題を解いてもいいけれど、全範囲の抜けがないか確認するのならサブノート作ってあるすでに解いた問題を確認していくほうが時間は取られないからね。

受験まで3ヶ月を切った。3ヶ月後には受験は全部終わっている。なんとかここまで来た。体調に気をつけながら、なんとか乗り切ろうね。

2020/11/26

S君 5,977分

10月も前月に引き続き、精神的な落ち込みが引き続いた。精神面は一進一退ではあるが、やや上昇している点は良かったと思う。受験までうまく保っていけるように意識したい。

コンディションが良くない中でよくこらえた。しんどい中でも出来るところを進められたね。

英語に関しては、前月と変わらず「やっておきたい300」を中心に勉強した。日に日に和訳の技術や問題の解き方あるいは点数の稼ぎ方が身についてきたのを実感する。その結果、模試における和訳の問題に関してはかなり粘れるようになった。また文型分けに関してもほぼミスは無かった。しかし、語彙に関しては圧倒的に劣っているので強化すべきだという点は相変わらず変わらない。

模試に関しては、私大型で取らなければならないところはほぼ対応できたね。あとは、本当にS君が言うように語彙だね。

10月に入り、少しずつではあるが「システム英単語」を再開した。じっくり進めるのも大事だが、単語をどれだけ反復したか(見たか)の方が大事ではあるのでスピードを意識しても良いかもしれない。

見たことはある状態にすでにSくんはなっているから、さっと見返すほうが思い出すのは早いだろうね。

今後は、過去問演習、「やっておきたい500」などの予定なのでしっかり問題形式に慣れ、語彙の詰め込みをしていきたい。 政経に関しては、これも前月と同じく「メモリーバンク」を中心に学習した。ただ、これだけでは不安なので「畠山」を読み返すことや過去問演習も再開したいと思う。

英語に関しては語彙が強化されることで、読む速度も上がってくるからね。英語に関しては最大の課題だね。

過去問演習に入って、英語はだいぶ力ついたなと思ってるよ。去年は英語はもうやらずに国語と政経でなんとかしようとしていたわけだからね。

得点を伸ばすのは長文の速度をあげることで、それは語彙を強化すれば対応できるのはわかってるからね。

政経は大丈夫だから、慌てずいこう。笑

2020 全統記述模試第2回 政経偏差値 74.6 日本大学高等学校出身 I.S君
2020 全統記述模試第2回 政経偏差値 74.6 日本大学高等学校出身 I.S君 前回の政経偏差値69.2から74.6へ5.4ポイントアップ。 体調が悪い中で、正直受験できるかどうかも心配していたけれど、手堅く政経はとって...

過去問演習が多めになって、政経で稼ぐというスタイルは変わらないことが再確認できたね。今までのテキストの復習も進んできているから、安定感は増したね。

ただ『やっておきたい英語長文300』の復習で今はちょっと3科目のバランスは取りにくいけれど合格最低点に近づくことを考えると英語の強化が今は大事だからね。

国語に関しては問題の相性やコンディションもあるから、確実に取れるところを失点しないように暗記物を詰めていくことになる。

『やっておきたい英語長文300』の復習が終了した時点で、3教科のバランスを改めて取り直していこう。コンディションが良くないなかで、バランスをとりながらやることは本当に大変だけれど、踏ん張ってくれてるよ。

休みをうまく入れつつ、なんとか完走しよう。あとちょっとだからね。

Uさん、2,060分

9月から10月にかけて休んだおかげで徐々に体調が回復し、先月に比べ勉強できる日が増えた。 勉強できていない時は、自分は怠けているという思いがあったが、体調がいい時は自然に勉強していた。先生が体調がよければ勉強できると仰っていた意味がようやく分かった。 それを実感したことで、体調が悪い時、以前よりもうまく休めるようになったと思う。

何回も言っているけれど、Uさんが怠けていたことなんか一度もないよ。この状態で勉強するのは普通は無理だよ。

体調がいいときはかならずUさんは出来ている。ちょっとずつ休むのも上手になってきてるよ。笑

勉強面では、まずはリズムを作ることを目標に速読英単語を進めた。 動詞のストックを作り文型を素早く正確に分けられるように、そしてシャドーイングで戻らずに読めるように訓練している。 生物基礎も少し進んだ。演習して覚えていけば点数は取れるようになると分かり、負担が減った気がする。 模試では、コンディションを整えることの重要性に気づいた。 私は解くスピードが遅いので、日頃から制限時間を設けたりして、より時間を意識しようと思った。

うん。文型把握、語彙に関してはかなり強化されたね。共通テスト模試では語彙の不足はかなり解消されたことは大きな成果だね。

スピードに関しては、演習していけば出来る目処は立っているからね。

生物基礎も目標得点率には十分届く。Uさんは、勉強時間が少なくても効率は本当に良いからね。ずっと言ってるように勉強に関しては心配してないんだよ。笑

だからこそ、体調だけ。本当、いつも心配させるねえ。笑

中旬、勉強できる嬉しさからいきなり全力で進めてしまいまた体調を崩してしまった。睡眠が崩れると一気に体調が悪くなる。 完全に回復したと思い込んでいたが、そんなことはなかった。毎日安定して勉強できることが一番なので、もっと慎重にいくべきだったと反省している。 入試直前に動けなくなってしまっては命取りなので、体調に気を配り進めていこうと思う。

Uさんは体より精神のほうがずっと強いからね。簡単に肉体の限界を超えてしまう。私もおっさんだけどもやしっ子だからよく分かるよ。笑

前にも言ったけれど、UさんはブレーキがついてないF1カーみたいなもんです。笑

減速することを覚えれば誰よりも早く進める。大丈夫だよ。

この状態で生物、化学もそれなりに仕上げて、英語も進歩している。本当に凄いことだよ。怠けてるなんてことはない。君くらいきつい状態で同じこと出来る人はいないよ。私はできん。笑

体調が悪くて、進めなかったときは、自分が怠けてると思いがちだけどそんなことはないからね。

進度表見返してと言ってるのは、きつくても調子が良くなる時間はやってくるのが確認できるから。

体調が悪いときは、何もかも出来ない。やっても無駄だと思うかもしれない。絶望的な気持ちになるよね。でも、それは体調戻ったらできてるよね。

何度も体調崩れてもUさんは前進しようとしているよ。ね、怠けてなんかないでしょ。笑

1日単位では前進しているように見えなくても、大きな単位では必ず前進してるからね。

体調を常に考えるのはもどかしいよね。よく分かるよ。でも、体調が整いさえすれば、Uさんは必ず出来るんだから、何より休むこと。出来ないときは必ず体調戻ったら出来るのだから休むこと。

一番苦しい時期は抜けられたよ。慌てず行こうね。

追記:2020/11/28

S君 5,940分

今月の中旬まで全然ダメだった。時間がないのは分かってるのに行動しない。昔からの怠け癖が原因だろう。焦りと周りからのプレッシャーで萎縮してしまい、やるべきことを放り投げてしまっていた。

ただ先生の説教とルールを決めたおかげで少しかもしれないが改善することが出来た。まだ完全に自分に対する甘えは断ち切れていないが今度こそ気持ちをしっかり持って受験勉強に励みたい。来月中に最優先で絶対改善したいことは、勉強時間、睡眠時間の増加と習慣化。

当たり前ことたがまずはこれだけでも改善したい。できたら他の改善すべきところも同時進行で治していきたい。メンタル維持にほんの少しだけ息抜きも入れれたら入れたいと思う。

9月は大きくリズムが崩れたところから少しずつ立て直せたね。

生活リズムが崩れる。崩れるから体調も安定しない。安定しないから勉強しても頭に入らない。頭に入らないから嫌になるという負のスパイラルだった。

でもこれは、生活リズムがよくなれば、いい方向に向かうんだ。

睡眠時間を増やすと勉強時間が結果的に増えるのは、何度も言ってきたね。

なぜ、生活リズムを整えると勉強ができるようになるのか
なぜ、生活リズムを整えると勉強ができるようになるのか 記録の重要性、睡眠の重要性については、このブログでも何回も話してきましたね。 え、モチベーションって生活リズムと関係あるのと思うかもしれませんね。関係あり...

もう、ここまで来たらやるしかない。でも、やりぬくためには、休むことも大事なんだよ。

少しずつだけれど、進歩してきているんだよ。入塾したときにはどれも偏差値40なかった。英語や国語に至っては偏差値30くらい。英語は30切ってるのもあったくらいからのスタート。

大学受験というレベルではないところからのスタートだよ。

学習習慣もない。連絡もできない。勉強以前のところから始めたわけだよ。

勉強もそうだけれど、当然出来なきゃいけないこと出来なかったら、S君が困るからね。私の仕事は君たちを合格最低点に1秒でも早く持っていくのが仕事であって、こんなのは、仕事じゃないよ。大サービスだよ。笑

くじけながらではあったけれど、英語も偏差値40台に乗って、政経は偏差値50台を超えた。

進歩してるんだよ。それは自信を持っていい。

受験は他人と勝負だけれど、勉強に関しては他人と比較する必要はない。比較するべきは過去の自分だよ。

他人と自分を比較していたら、永遠に他人の評価の奴隷になってしまう。気にするな。

なかなか今まで上手く行かなかったから、自信もないよね。でも、やったところに関しては進歩してるよ。そこは評価するべきだよ。

また、ちょっと夜型になりつつあり、記録の意識も緩みかけている。受験まであと少し。気持ちを切らずに行こうね。

追記:2020/11/30

K君、1,609分

10月はあまり印象がないが、強いていうなら勉強時間である。少し振れ幅があったように思える。その要因は部活、睡眠、修学旅行にあり、割と元気でも全然集中が出来ない日などがあった。あとは、何か大きなことがあるごとに休む間隔が難しかった。学校はやたらと切り替えさせてくる。やはり頑張りが足りないのかとは思ったが、この塾は余裕を持って休ませてくれる。学校も言いたいことはわかるが、逆で、休息=余裕をもたらしてくれる塾に割と助けられたように思える。週2ながら、部活はよくいけているなと感心する。今月も休むタイミングを見誤らずやっていく。

修学旅行がある中でも進度表はつけられたし、できる中で踏ん張ってくれてるよ。

何度も言っているように、Kくんは時間あたりの効率は本当に素晴らしい。

模試の成績見ると実感するね。笑

全統記述模試 2年

一日あたり60分に満たない勉強時間で、英語に関しては学校では314人中15番というのは素晴らしいよ。

部活があるというのはもう時間は確保できないからね。頑張りが足りないなんてことは一つもない。

修学旅行中でも、記録を途切れさせることはなかったじゃない。凄い自己管理能力だよ。成長している。

この状況でできるだけのことはやってくれている。

でも、気を緩めてはいけない。

全国のレベルと比較すると、神戸高校は進学校ではないというのはよく分かるね。Kくんは上位5%に入っているけど、英語の偏差値55には届いてないわけだから。三重県は本当に受験という意味では厳しい環境なんだ。

学校のレベルにあわせてはいけないということはずっと話してるのはそういうことだよ。

数字が雄弁に物語ってるね。

でも、Kくんは大丈夫。

これだけの時間しか確保できなくても、模試のほうが学校の成績より遥かにいいからね。実戦向きということです。笑

しんどい中でも、できるだけの工夫をするのはKくんの強みだよ。

一問一答、覚えられなくても聞いているとか、でられるときだけでもでているとかさ。

これ、all or nothingみたいな考え方になるとできない。完璧主義って、継続していこうと言う観点からは良くないんだよ。ちょっとの失敗が許容できないってことは、失敗から学んで効率よくするということができないから。

まあ、完璧主義って楽なんだよ。厳しいこと言うとね。だめならやめるのなんてすごく簡単だからさ。

駄目でも前進するには、自信が必要。自信が持てるってのは、結局の所成果が出てないと難しい。

勉強って、簡単に成果はでないよね。他の知識がそろってないと結果がでないこともある。

漸次的に向上するわけじゃない。だから、持ちこたえるために記録が必要なんだ。

Kくんは本当に粘り強い。

使える時間が少ないからこそ、休息もよく考えて行動できている。ほとんどの受験生が学ばないことを2年のこの時期にマスターしているのは本当に凄いことだよ。

Kくんと同じ勉強時間なら、普通は偏差値45キープするのも難しいよ。これだけ生徒を見てくるとKくんの効率の良さは際立っているのはわかる。

あとは、本当に時間を確保できるようにするだけ。3年になって、体調崩したら流石に時間は足りないからね。

まあ、でもKくんは体調管理や休む意識がしっかりしてるからそんなに心配してないです。笑

テストでリズム崩れるのだけが心配。いいリズムで来てきたところでいつも崩されてるからね。冬期講習では英語もいよいよ固めて、長文に入る準備が完成するね。

慌てずいこう。今月も進歩したよ。笑

T君 6,496分

10月はかなり前に進めた一ヶ月でした。過去最高です。笑ㅤ国語はレベル別0が八割ほど終わりました。古文公式も併せて、少しだけ苦手意識があった古文にかなり耐性があったというか、もう少しで好きになるくらいには進められました。テクニックを覚えて、本文を見ずとも落としていくという方法はかなりやっていてワクワクしました。残った分は11月中に終わらせ、次のステップへ行きたいですね。古文公式もまた別で副詞の呼応を読み切ったりしました。 漢文は大躍進でしたね。一週間弱ほどで“早覚え速答法”のテキストの要点を読み、一度見たことがある状態にできました。復習もコツコツとして、しっかり自分の知識に入れておきたいです。ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

国語に関しては、一気に目処が立ったね。古文に関しては基礎的な知識が入ってきたのは大きい。

created by Rinker
学研プラス
¥1,210(2021/01/17 16:21:04時点 Amazon調べ-詳細)

漢文は特に覚えることが少ない分、一定量を覚えると学校の授業も上手く活用できるようになる。英語も文法がある程度終わったので、国語に振り向けられる時間が増えたのは大きかったね。

created by Rinker
¥2,000(2021/01/17 16:21:03時点 Amazon調べ-詳細)

英語は、進度でいえばそこそこなのですが、それ以上の収穫があったんじゃないでしょうか。速読英単語を毎日欠かさず2つクリアすることで、文型意識がかなり高まりました。実際、最初の所は先生の文型分けや、語順訳を見ないとほぼ出来ない状態でしたが、今やそれらを見ずとも、進められるようになりました。基本的な語彙が抜けている人間だったので大きな力になったことを実感しました。笑 スクランブルの復習は休み時間中オンラインテストでやるなどで、今までにやった所が抜けないような工夫を凝らしたりもしました。

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ英語に関しては、文法が固まってきたので、語彙の強化と読み込みをかなり行えたね。伸びしろを大きくとるために速読英単語の入門編から固められているのは良かった。基本動詞のいろいろな用法は意外にカバーできてないテキストは多いんだよね。そういうところが穴になったりするんです。

6000分超えという時間もそうですが、なにより大きな収穫は、速読英単語をやっていく上で身についた、コンスタントに勉強をする基盤を作れたことじゃないでしょうか。 毎日コツコツ積み上げていくのは苦手でしたが、苦手なりに時間の確保の仕方や、モチベーションの上げ方を確立するなどの工夫ができました。11月は個人的にかなり体調を崩しやすい季節ですが、10月にできたこの生活リズムと習慣を続けて、勉強時間を荒稼ぎしてやろうと思います。笑

学校がある中でリズムを作れたね。いろいろうまく回すために工夫していったことがこの時間につながったね。

いろいろ試行錯誤したことも、記録に残してあれば、今後リズムが崩れたときにも参考にすればいいからね。未来の自分を助けたことになるよ。笑

英語、国語の目処は立ちつつある。一年生の間に、英語、国語、数学のバランスをが取れるようになっていきたいね。いつも期待してます。笑

 

Nさん 3,963分

まず1番に大問題なのは、1番大切な進度表を書かない日が続いていたことです。授業よりも記録。記録をしないで受かった生徒は1人もいない。たくさん言われてきたのに、守れないでいました。本当に進度表は大切です。春の調子の良かった時は進度表は必ず付け、1単元が終わる週末には必ずオンラインテストで復習が出来ていました。復習までした所はテストでも点を取れていました。学校で出された課題は、やってもそこまで点数の伸びを感じることが出来ませんでした。でも、オンラインテストはすぐ点に繋がり、2回の全統模試では文法で満点を取れました。この2つをやらなくなったら終わりだと思います。月の後半からは、内職時間割を決め、これまでの修繕に取り掛かっているところです。学校の勉強だけやっていたら潰れて結局出来なくなるということを身に染みて感じた1ヶ月間になりました。

うん。かなりリズムを戻せてきたね。先月の2,234分から1,700分以上勉強時間を増やせたね。

Nさんは自己管理能力が高い。コロナウイルスでの休校期間中、1年生で一番英語の完成度が高いのはNさんだった。国語力が高いということもある。

学校が再開してリズムが崩れた。夏もいいリズムが出来て崩れということを繰り返してきた。

学校の課題そのものは悪くないんだけれど、体系的にやっているわけではないから、どうしても場当たり的になっていたね。

でも、学校の授業で聞かなくても自分で進めた方が早い科目や、雑談しているところは進めるように変えたことで、学校の課題もこなせるようになった。特にイディオムや英文法を進めたことや、古文を進めたことで、毎日の負担が少しずつ軽くなってきている。

学校はイベントも多いし、課題も多い。目の前にあることだけやっていたら行き詰まっちゃうんだよね。

そういうときは、ちょっと怖いだろうけれど、日々の生活を楽にするために、学校の優先度を下げることなんだよね。

英文法がわかれば、学校の授業でも単語がわかれば正確に訳せるし、英作もできる。単語をつなぎ合わせてでっち上げるのではなくなるよね?笑

そして、イディオムなんかは英単語より数が少ない。英作や和訳でも問われることが多いね。一度でも見たことがある状態になっていれば、それは復習だよ。どんどん記憶できるようになる。

大学受験に英熟語はいらないか 必要に決まってる
大学受験に英熟語はいらないか 必要に決まってる 注:もともと別サイトだった「はじめての学習計画」で最も読まれている記事です。英熟語がいらないなんてどうあったって言えるわけがないですからね… 生徒から、「大学受験に英熟語は必要なんです...

いかに捨てることができるかが、Nさんの受験の合否を決めることになるよ。少しずつ立て直せてきた。まとまった時間を確保できる週末や、長期休みに時間を使えるようにして行きたいね。

 

いい方向に向かいつつあって、ホッとしました。笑

 

Mさん、1,453分

夏に凄く失速してしまい、8月は進度表もかかず、授業も受けずでサボり状態でした。大事な勉強期間の夏休みを無駄にしてしまいました。9月も進度表をサボる日が多く、10月の前半まではほんとに時間の使い方が勿体なかったかなと思います。生活リズムももちろん崩れていき、勉強時間も少なかったです。10月にはミーティングの機会で色々受験について聞き、危機感を感じました。色々なことをしてもらい、厳しくしてもらって、大分やる気が出てきました。このサボっていた3か月間すごく無駄になってしまったので、これから継続力をつけていきたいです。生活リズムもみなおしていきたいです。せっかく、学校が家に近いという利点があるのだから、放課後をもっと有意義に過ごせるようになればいいなと思います。オンラインテストもこの3か月間やっていなかったので、オンラインテストの回数を増やしていきたいです。

ようやくリズムが少しずつ戻ってきたね。

模試では結果が出ている。けれども、それはきっちりリズムが出来てきたときの貯金だからね。

2020 全統高1模試 第2回 Mさん 総合57.3 鈴鹿6年制 国語偏差値22.1アップ
2020 全統高1模試 第2回 Mさん 総合57.3 鈴鹿6年制 国語偏差値22.1アップ 前回の全統模試から大きく成績を伸ばしたね。自己ベスト、嬉しいね。笑 英語は偏差値53.5から57.4に3.9アップ。数学が偏差値44...

結果を出せたのは記録が出来ていたということと、記録が出来ていたから生活リズムが崩れなかったことが大きいね。

特に、定着するためには反復が大事。授業に出ることで、学校の授業が復習の状態になっているのは大きいんだよ。国語に関しても、お風呂上がりにドライヤーを使いながら、音声教材を使ったり、細かい工夫をしていたことは大きい。

その結果、英語、国語、数学とバランス良く回せていた。

記録していると、使える時間も見えてくる。時間に対する意識が変わってくるよね。

家から帰ってきたらだいたいつかえる時間は平均して80分くらい。調子が良かった7月は平均で135分。

体力的にはむしろきつい時期だったけど、記録はしっかりできていた。一度7月の記録を見ていると自分がどういう時間の使い方をしていたかわかるよ。

記録はすることが目的じゃない。記録してどう活かすが大事だよ。調子よかったら調子いいときの生活リズムに近づけていけばいいんだからね。記録することは将来の自分を助けることになるからね。

一時期のリズムが崩れた状態からは抜けてきた。Mさんは、記憶が苦手と言っているけれど、計画にしたがって勉強して、記録できてるときは、平均よりずっといいんだよ。笑

ちょっとうまくいかなくなると、何もかもどうでも良くなくなってしまうときはあると思うけど、蓄積してきたものがなくなるわけじゃない。だから、駄目な日もあるけど、そんなものだと思えばいい。記録したらちょっとだけでも変えられる方法は見えてくる。わからなかったら、それこそ聞いてくれたらいいんだよ。笑

いきなり全部を改善できるわけじゃないけど、授業はしっかり出られるようになったし、記録もしっかりできるようになってきた。コツコツやっていた英語は崩されないはずだよ。

少しずつ。今後の課題は土日の時間の使い方だね。そこさえ上手くできるようになったできるようになることはわかっている。

私もH先生も期待してるよ。

わざわざ時間とって、いかに厳しい状況なのかって話すのは、私達からしたらメリットはそんなにない。辞める可能性のほうが高いんだから。笑

でも、失敗することがわかっていて放置するわけにはいかない。Mさんは変えることができると思わなかったら言わないからね。流石にそれくらいは理解しなさい。笑

記録ができなくなってきたときは崩れる前兆だから気をつけよう。悪い流れを大分改善できてきたよ。このまま調子を上げていこうね。

Sさん、4,115分

9月からやる気を失っていて、きちんとやるべきことができていなくて、入塾してから1番反省するべき1ヶ月でした。学校の定期考査の成績があまり芳しくなかったことから焦りを覚え、学校の勉強に力を入れていたこともあり、受験勉強の英語があまり手につきませんでした。なんとかうまくやりたいです。高一の間はもう行事などはないので、勉強に専念して時間がたくさん作れるようにします。あとは体力が長く持つように睡眠時間を長くして、スキマ時間を有効に使えるようにしたいと思います。古典文法のリスニングを11月から取り入れて古典の勉強もします。

学校の宿題に追われ続けていて、基礎を固めることがなかなか出来なかったね。

学校の授業を吸収しやすくするためにも、英語に関しては先行する必要がある。体力的にSさんも恵まれていないから、家に帰ってきたら何も出来なかったことも多かった。

そういうときでも記録だけはする必要がある。このまま学校の宿題や課題に追われていたら、目の前の課題をこなすだけで終わっていってしまう。

どれくらい睡眠が必要なのは記録を見ないとわからない。Sさんはおそらく平均よりかなり多くの睡眠時間がないと頭が働かないと思う。

Sさん、頭働いているときと働いてないときは別人みたいだからね。

だから、ちょっと学校の成績は今一旦おいておいていいよ。

 

優先順位は、まず体調を崩さないこと。しっかり睡眠時間をとることだね。頭がは足らなかったらいくら勉強しても身につかないんだから勉強してないのと同じ。回復の時間がとれないからむしろマイナスなんだよ。

学校の宿題と、いまこちらの課題と授業ならこっちを優先すればいい。学校の模試の平均値などはもうデータ見たからわかったね。

推薦入試をつかうことは安全なのか?
推薦入試をつかうことは安全なのか? 推薦入試、AO入試の受験者数は増加し続けています。平成29年のデータでは大学入学者の44.3%がAO.推薦入試です。 この文科省のデータから明らかなように、推薦入試も大学進学を目指す上で考慮に入れ...

今の状態で学校の課題をやっても吸収できないから、効率がわるいんだ。量が多すぎて復習できなかったり、答えがなかったりしたらやってもできるようにならない。学校の課題をやって力がつく段階では今はない。でも、基礎を固めたらうまく回りだす。早くやれたらやれるほど楽になるんだよ。

どれも大事というのはどれも大事にしていない。変えようと思ったときにはすでに時間切れということは本当にたくさんあるんだよ。努力で埋められる限界はある。今はまだ変えられるんだよ。

こちらの計画どおりやってくれたら、復習含めて、授業以外30分の時間を確保してくれたら改善できる。

K先輩は、1月の進研模試から11月までで英語、国語の偏差値で10上げたんだよ。大体1年かかった。

2020 高2 11月 ベネッセ総合学力テスト 国語 偏差値66.0 三重県立 神戸高校 K君
2020 高2 11月ベネッセ総合学力テスト 国語 偏差値66.0 三重県立 神戸高校 K君 国語が前回の偏差値53.3から66.0へ、偏差値12.7アップ。国英歴文系では偏差値61.2。学校では7番。 国英では偏差値63....

 

K先輩は粘り強いのもあるよ。部活があって、体力的にもきつい。そして、睡眠時間が必要となると学校の課題を全部やることは不可能。K先輩は短い時間を上手く使って、気持ちを切らずに30分程度のつかえる勉強時間を受験向きに振り向けた。

だから、学校の授業も活用できるようになってきている。

焦らなくていい。本当、何かを変えようとすることはものすごくエネルギーがいるんだ。でも、一科目ができるようになったら勉強の仕方もわかるから、応用できる。

良い循環が生まれる。そうするためには、捨てること。優先順位をつけるというとどれも中途半端になっちゃうだろうからね。笑

すぐに結果は出ないかもしれないけれど、継続すれば必ず改善していくからね。睡眠をしっかり取りつつやっていこうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました