中京大学に合格したM.J君 鈴鹿高校探求の合格体験記

中京大学に合格したM.J君 鈴鹿高校探求の合格体験記

中京大学に合格したM.J君 鈴鹿高校探求の合格体験記

M.J君は5月から入塾と書いていますが、6月からの入塾でした。

部活もあり、進度表はつけてもらっていたものの、指導開始は遅かった。

とにかく粘り強い生徒でした。部活があり、スタートが遅かった。素晴らしかったのが記録を徹底したことです。

記録の重要性について 進度表
記録の重要性について 進度表 記録の重要性については何度も話してきました。 どんなに学習計画を考えても、実際にできるかどうかは別問題。 自分の時間の使い方を把握していない...
不合格になる受験生の共通点
不合格になる受験生の共通点 成功は再現性がないが、失敗は再現性がある。 プロ野球の野村克也元監督が、「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」と言っていますね。引用だそうですが、受験にも当てはまるので、今日は失敗について話し...

毎日を振り返ることで、時間の使い方もうまくなった。一日の最後に進度表をつけることを徹底していました。

年間の学習時間97413分は部活があり、スタートが遅かったなかで本当によくやってくれた結果です。

間に合わない時間は内職をしてなんとか追いつかせました。しんどかったと思います。内職しなかったらとても間に合わなかったです。

中央大学法学部に合格したH.H君(神戸高校出身)の学習計画 自分の高校のレベルを知ろう
中央大学法学部に合格したH.H君(神戸高校出身)の学習計画 自分の高校のレベルを知ろう 挑戦的なタイトルですね… 今回はH.H君の全統記述第3回模試をみながら考えましょう。 前回の記事はこちら なぜ、内職する...
勉強時間について
勉強時間について 新年度になりましたね。新テスト、外部テストの導入で受験も大きく変化していきますが、変わらないこともあります。 それはなにか。受験勉強には記録が必要で、そしてその時間を把握することが必要ということです。 あたり...

入塾時点では、どれも得意科目がなかったので、まず短期間で完成できる政経から固めました。

2019年 7月 進研総合学力記述模試 鈴鹿高校探求  政経偏差値 67.6 M.J君
2019年 7月 進研総合学力記述模試 鈴鹿高校探求  政経偏差値 67.6 M.J君 M.Jくんは6月入塾。部活があったのでスタートが遅れた。 まずは、一科目軸を作ろうと、政経に集中することして初めての模試。政経偏差値67...

まず、やったら出来るんだと思わなければ勉強は続けられない。自信は本当に大事です。

一回目の模試で政経が取れたことで勉強のリズムも出来てきました。

2019年 全統記述模試第3回 政経偏差値66.0 政経学校一番 鈴鹿高校探 M.J君
2019年 全統記述模試第3回 政経偏差値66.0 政経学校一番 鈴鹿高校探求 M.J君 政経偏差値66.0、総合では偏差値52.9 英語は偏差値3.0 アップ。国語は5.9アップ。政経は14.3アップ。 ...

政経が得点出来るようになってから、古文、英語と固めていき、最終的には英語が一番安定して取れるようになりました。

ノザキ塾はどのように学習計画を立て、指導しているか 短期間で勝負する場合の一般的計画
ノザキ塾はどのように学習計画を立て、指導しているか 短期間で勝負する場合の一般的計画 はじめての学習計画というブログで、学習計画の立て方は説明しているわけですが、実際どのようにして結果を出しているのかはわかりにくいですね。 学習計画...
過去問を解いて自分の学力を知ろう。ー過去問をさらに分析しよう。
過去問を解いて自分の学力を知ろう。ー過去問をさらに分析しよう。 前回で、過去問を解いて、どのような出題形式か把握はできましたね。 各大問ごとの得点率も記入してありますね。 以下の3つは記録してありますね。 難...

最後、過去問演習に入ってからはめざましく力をつけてくれました。もっと早くに来てくれたらより上を狙えた生徒です。

残念と思う一方、第2回全統記述模試では英語も国語も偏差値40前半だったことを考えると、短期間だから踏ん張れた面もあります。

しっかり睡眠をとるように意識できたし、やっぱりもうちょっと早く来てほしかったですね。M.J君、漢字はマジでちゃんとやっておこうな。笑

自信つけてくれて嬉しいです。いい大学生活送ってね。

受験生クラスとは
受験生クラスとは 無学年、全教科指導のクラスです。大学受験生を対象にしています。2020年6月1日より、ノザキ塾はオンラインのみで指導する受験生クラスのみとなりました。 受験生クラスがなぜ作られたか 受験生クラスが作られたのは、1秒で...

コメント

タイトルとURLをコピーしました